原爆詩集げんばくししゅう
——一九四五年八月六日、広島に、九日、長崎に投下された原子爆弾によって命を奪われた人、また現在にいたるまで死の恐怖と苦痛にさいなまれつつある人、そして生きている限り憂悶と悲しみを消すよしもない人、さらに全世界の原子爆弾を憎悪する人々に捧ぐ。 …
作品に特徴的な語句
うすぐろ こご うも かな がお 砂洲デルタ ほう 梁木はりぎ めん 粟粒ぞくりゅう くすぶ 火光かこう 亀裂きれつ 鉄甲てつかぶと たず 血綿けつめん 羅衣うすぎぬ めし きらめ 流亡るぼう 油薬ゆやく 柔毛やわげ ゆか ひさし ずつ 嬰児えいじ 天日てんじつ 塗薬とやく いと おさ ゆる 藁束わらたば 痕跡こんせき あざ 癇高かんだか 印形いんぎょう 癧青れきせい 皮癬ひぜん 半襟はんえり 眉間みけん 眼窩がんか 睫毛まつげ 包茎ほうけい 硬直こうちょく 秋天しゅうてん 稀薄きはく 立哨りっしょう いかだ むしろ ほうき かゆ 糞尿ふんにょう つづ 緻密ちみつ 縞目しまめ 繃帯ほうたい 羞恥しゅうち あばら 肌理きめ 脳漿のうしょう わき 腋臭わきが 腐肉ふにく なか ふく うみ 膿汁のうじゅう 臓腑ぞうふ 船倉せんそう 苦悶くもん たばこ 葡萄ぶどう あお おお 薔薇ばら 霖雨りんう つまず 傷痕きずあと 遍歴へんれき のこ 余燼よじん 伝馬てんま 鋳物いもの 離胎りたい 驟雨しゅうう 饅頭まんじゅう 馬穴ばけつ ふる 黒焦くろこげ