“皮癬”の読み方と例文
読み方割合
ひぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その度に漁夫は身体をくねらし、寝返りを打った。然し又すぐ同じだった。それが朝まで続く。皮膚が皮癬のように、ザラザラになった。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
本職でなくてもい。腫物のあるのや禿頭病白雲田虫湿瘡皮癬なんてのを見繕って、り立ち代り坐り込ませる。これなら親類にいくらもあるだろう?
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
そっと恥かしい皮癬みたいに隠している私は、それを上手にいてくれる瓶口も好きだった。
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)