二十歳のエチュードはたちのエチュード
衆人皆有以。而我独頑似鄙。我独異於人。而貴食母。 ——老子第二十絶学無憂章—— ところが今日、僕はふと「寒い」と思ったのだ。 僕はきっと夢を見て来たのに違いない。 —Etudes Ⅰ— 一明君 「自己の思想を表現してみることは、所詮弁解にす …
作品に特徴的な語句
躊躇ためらう 倦怠アニュイ 観念イデー おび あだ ひげ かす ひしめ うつ かかわ がえ いざ ぬか 一時ひととき 磔刑たくけい かか 喋舌しゃべり くびす 老耄おいぼ そびや 嫩葉どんよう おのれ いだ 骰子さいころ 倫理モラル 眼差まなざ こご 危懼きぐ いにしえ せま みぞ 退 歔欷きょき さか こび えい はぐく まみ さいな かか 畢竟ひっきょう 烙印らくいん 畦道あぜみち 疎漏そろう 疥癬かいせん 白樺しらかば 真向まっこう むつ にら 睫毛まつげ 瞳孔どうこう けが 章魚たこ 箴言しんげん 糠雨ぬかあめ 終焉しゅうえん 綽名あだな かか 羸弱るいじゃく 羽搏はばた かざ ふけ ほしいまま 脆坐ぜいざ 脳漿のうしょう 自惚うぬぼ いじ 茫然ぼうぜん 荒寥こうりょう 落胤らくいん 蒙昧もうまい 蒼穹そうきゅう 霏々ひひ 辛辣しんらつ 辿たど 邪慳じゃけん かも 鉄枷てつかせ 銅鑼どら 錯綜さくそう のみ ひらめ 阿呆あほう 陰翳いんえい だま かび 鷹揚おうよう ふな 驕慢きょうまん おご 頌歌しょうか かすみ むち 軋音あつおん 颯爽さっそう 飛翔ひしょう