黄村先生言行録おうそんせんせいげんこうろく
(はじめに、黄村先生が山椒魚に凝って大損をした話をお知らせしましょう。逸事の多い人ですから、これからも時々、こうして御紹介したいと思います。三つ、四つと紹介をしているうちに、読者にも、黄村先生の人格の全貌が自然とおわかりになるだろうと思われ …
作品に特徴的な語句
きく まか すで 朝市ちょうし えん 下駄げた 丹前たんぜん これ 二八にはち しか 俄然がぜん 信濃しなの 全貌ぜんぼう 八岐やまた 八幡はちまん 匆々そうそう 口碑こうひ 叱咤しった あき 周防すおう 和蘭オランダ 和邇わに うな 喝采かっさい うそ ささや つぼ 大蛇おろち 大隠たいいん 巒気らんき かす 微笑ほほえ 思惟しい 恰好かっこう 愕然がくぜん 扁平へんぺい 披露ひろう 括弧かっこ 旦那だんな これ 棲息せいそく 淀江よどえ 湯治とうじ 火燵こたつ 片鱗へんりん 独逸ドイツ 狼狽ろうばい はなは 田圃たんぼ 畏怖いふ 相槌あいづち 睡蓮すいれん 瞑想めいそう やしろ まつ たた 稲羽いなば 積怨せきえん きそ はず はし こん 緋鯉ひごい あく 股引ももひき 興醒きょうざ 蠑螈いもり ふすま えり 諷刺ふうし 身延みのぶ 造詣ぞうけい 郡上ぐじょう ひな ひど 長門ながと 障子しょうじ 面妖めんよう 頃日けいじつ すこぶ かしら 顛末てんまつ たぐい 風采ふうさい 饗応きょうおう 高志こし