“八岐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまた66.7%
やちまた16.7%
ヤマタ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまは、ささやかなお宮ですが、その昔は非常に大きい神社だったそうで、なんだか、八岐やまた大蛇おろちの話に似ているようなところもあるではございませんか。
黄村先生言行録 (新字新仮名) / 太宰治(著)
この少女はわが子なり奇稲田姫くしいなだひめという。さきに八箇やたりの少女あり年ごとに八岐やまた大蛇おろちのために呑まれて今このおとめまた呑まれんとすと申しければ、尊われにくれんやとのたまう。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ああ、お話が八岐やちまたになって、手毬は……そうです。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
然らばこの名の基く所は何であるかといえば、疑いもなくそれはオガミから導かれたもので、オガミ竜とは即ち蚦蛇うわばみを指し、仏経でいう竜王のことである。更に語を換えて言えば八岐ヤマタオロチである。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)