“八岐”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまた66.7%
やちまた16.7%
ヤマタ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの高志こし八岐やまた遠呂智おろち、または稲羽いなばの兎の皮をぎし和邇わになるもの、すべてこの山椒魚ではなかったかと
黄村先生言行録 (新字新仮名) / 太宰治(著)
食蜃人しょくしんじんと云うのは、昔八岐やまた大蛇おろちを飼っていた、途方もない悪者なのです。
犬と笛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ああ、お話が八岐やちまたになって、手毬は……そうです。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
更に語を換えて言えば八岐ヤマタオロチである。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)