備忘録びぼうろく
仰臥漫録 何度読んでもおもしろく、読めば読むほどおもしろさのしみ出して来るものは夏目先生の「修善寺日記」と子規の「仰臥漫録」とである。いかなる戯曲や小説にも到底見いだされないおもしろみがある。なぜこれほどおもしろいのかよくわからないがただど …
作品に特徴的な語句
天然ネチュアー 梅干ウメボシ つの 佃煮ツクダニ 儕輩さいはい 嘲笑ちょうしょう 塵埃じんあい 対称シンメトリー 彷徨ほうこう 此方こなた かよ 野猫やびょう 頓着とんちゃく 三助さんすけ 三毛みけ 下戸げこ 丑女うしじょ 了簡りょうけん 仙台せんだい 估価こか 健啖けんたん ぬす 僧侶そうりょ 刺身さしみ 勢力エネルギー 千島ちしま 咽喉のど あか 塩原しおばら 好箇こうこ 妄想もうそう 嫌忌けんき 嫌悪けんお 子猫こねこ 子規しき 宵闇よいやみ 容喙ようかい 容貌ようぼう 寵児ちょうじ 小皿こざら しかばね 山葵わさび 岩窟がんくつ 弾殻たまがら 彼方かなた 後裔こうえい 悪寒おかん 慰藉いしゃ 憂鬱ゆううつ 憔悴しょうすい 憧憬どうけい 按摩あんま ひね 攪拌かくはん 敏捷びんしょう 敷衍ふえん 明晰めいせき 曙光しょこう 末梢まっしょう 杓子しゃくし まくら くり きり 梯子はしご かえで 死骸しがい 毛氈もうせん 沛然はいぜん 深川ふかがわ 渦巻うずま 滑稽こっけい きゅう 灼熱しゃくねつ つめ 牡丹ぼたん ねこ たま 生涯しょうがい 産褥さんじょく 畢竟ひっきょう 相容あいい 相貌そうぼう 相食あいは 眩惑げんわく 稀有けう かて 老婢ろうひ 肢体したい 芥川あくたがわ しん にが 苦々にがにが 苦悶くもん 草枕くさまくら 虎斑とらふ 蜜蜂みつばち せみ