“対称”のいろいろな読み方と例文
旧字:對稱
読み方(ふりがな)割合
シインメトリー66.7%
シンメトリー33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“対称”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「えゝ、もちろんさうなんです。器械的に対称シインメトリーの法則にばかりかなってゐるからってそれで美しいといふわけにはいかないんです。それは死んだ美です。」
土神と狐 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「ええ、もちろんそうなんです。器械的に対称シインメトリーの法則にばかりかなっているからってそれで美しいというわけにはいかないんです。それは死んだ美です。」
土神ときつね (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
物理学では、すべての方向が均等な可能性をもっていると考えられる場合には、対称シンメトリーの考えからすべての方面に同一の数量を付与するを常とする。
備忘録 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)