真田幸村さなだゆきむら
真田幸村の名前は、色々説あり、兄の信幸は「我弟実名は武田信玄の舎弟典厩と同じ名にて字も同じ」と云っているから信繁と云ったことは、確である。 『真田家古老物語』の著者桃井友直は「按ずるに初は、信繁と称し、中頃幸重、後に信賀と称せられしものなり …
作品に特徴的な語句
わる あけ いまわ しのび 曲尺かねざし すぐ くみ あた とっ もっとも うしろ 禿かむろ のの ほろ 人衆にんず かたわら 半歳はんさい いにしえ かつ 城攻しろぜめ あざな 宛行あておこな 宿しゅく 小砦しょうさい ことごと えき 御旗おんはた また いくさ 抱角かかえづの 攻口せめぐち ぎょく ことわり 田付たづけ たた たつ 競合せりあい ただす 薙髪ていはつ うかが ばか しるし はかりごと 一入ひとしお 下緒さげお 不背そむかず うち 中務なかつかさ 中子なかご なが かね いささ あだ つかまつ たたず てい 何某なにがし 信仍のぶより 信尹のぶただ 信繁のぶしげ 信賀のぶよし しの 偶々たまたま 元和げんな 先手さきて 典厩てんきゅう かぶと やいば きず 勝成かつなり うまや かな 吹靡ふきなび 和睦わぼく かな 嚮導きょうどう こわ 夕炊ゆうげ つと 女婿じょせい 如何いか まさ 屡々しばしば 平伏ひれふ 平場ひらば 幸堯ゆきたか 弓箭きゅうせん 強力ごうりき おもむ いよいよ おどろ りく 所以ゆえん