桶狭間合戦おけはざまのかっせん
天文十八年三月のこと、相遠参三ヶ国の大名であった今川氏を始めとし四方の豪族に対抗して、尾張の国に織田氏あることを知らしめた信秀が年四十二をもって死んだ。信秀死する三年前に古渡城で元服して幼名吉法師を改めた三郎信長は、直に父の跡を継いで上総介 …
作品に特徴的な語句
おもから ごとく 大輔だいふ おお みやびや すなわち ただち 可成よしなり かなう 大府おおふ かち かく あせ おと だけ 下方しもかた わき 先立さきだっ かえ 可成なるべく やわら むすめ とむらい おもい 筋違すじか おのず はし 一攫ひとつか すぐ 化転げてん 古渡こわたり 天稟てんびん 山路やまじ 庵原いおはら のち いくさ 易々いい やみ すみか おさ 生擒いけどり とき 能々よくよく おのずか 良真りょうしん 蟷螂とうろう ころも 見参けんざん ばか ばか はかりごと おどり 一定いちじょう 一度ひとたび 丑満うしみつ うち 中務なかつかさ これ 京師けいし つかまつ 信辰のぶたつ 光則みつのり 公卿くげ 兵糧ひょうろう しの 印形いんぎょう そむ 夕菴せきあん ほか すす めかけ 季忠すえただ 宮前みやまえ むし じょう 小木おぎ 屡々しばしば たむろ 岩室いわむろ 帷幕いばく もてあそ 後詰ごづめ 後輸しずわ いたず こた たちま 怨敵おんてき ことごと 惟住これずみ 慇懃いんぎん 戈剣かけん 斯波しば 旗旌きせい