夫々それぞれ)” の例文
貴医御提出標記請求書中、左記患者に対し頭書の通り葡萄糖注射を行われあるも、右注射使用の理由具体的に夫々それぞれ御回答煩度わずらわしたく及照会候也
肝臓先生 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
そうして置いて、残る二十何人が、もう一度、夫々それぞれ受持区域を定めて、場内隈なく検べ廻ったが、どこの隅にも、人の影さえなかった。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
現今のイギリスに於ける経済学者の最も優秀な人々は、夫々それぞれ印度に在任した人たちばかりだとの事である。日本ではこれが満洲。
欧洲紀行 (新字新仮名) / 横光利一(著)
木彫の中にも色々変っているものがあるが、なる程、ああいうようにやるからああいう風に出来るのだということが見ると夫々それぞれ分るのである。
回想録 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
やがてこの飛行島の工事がおわり、彼等が夫々それぞれ故国にかえった暁にはどうなりましょうか。この飛行島の秘密は、いやでも洩れてしまいます。
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼にとっては、天国に昇ろうとまた地獄に落ちようとそれは何でもない事である、道中に於ける夫々それぞれの宿割に過ぎない。
赤い壺(二) (新字新仮名) / 種田山頭火(著)
丁度大雨に遭っていた鶏が夫々それぞれ雨宿りの下から濡れ羽を振って出て来たように。空はくろずんでいる。平野は雨霧に暮れ、川は激しい勢で流れていた。
土城廊 (新字新仮名) / 金史良(著)
時には又女匪自身が大家公館に夫々それぞれ伝手つてを求めて入り込み凄い腕を振うこともある。之等これらの女匪を女子郎中じょしろうちゅうという。
それ自身異なる目的を抱くものが、夫々それぞれの希望をファッシズムに投影して、自己満足に陶酔しているのである。
二・二六事件に就て (新字新仮名) / 河合栄治郎(著)
彼以外の人々は、此女に少しも注意を払って居ないらしく、夫々それぞれ自分等の行く可き方向へ足を急がせた。
偽刑事 (新字新仮名) / 川田功(著)
夫々それぞれうしろに一寸した包をくくりつけたままで、斜かいに頭を揃えて置いてあるのだが、その一台には、つつじの小鉢が古い真田紐さなだひもで念入りにからげつけてあった。
乳房 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
その葡萄酒の罎には夫々それぞれ客の名前を書きつけて納つて置いて、毎晩夕食の時には出すのであつた。
ツーン湖のほとり (新字旧仮名) / 中谷宇吉郎(著)
この中には全国の大図、中図、小図の三種類のものがありましたが、それらは夫々それぞれ三万六千分の一、二十一万六千分の一、四十三万二千分の一の大いさに相当するものです。
伊能忠敬 (新字新仮名) / 石原純(著)
各人各様、とはよくいったもの、馴れるに従って足の裏をみた丈で、いま入浴しているのは誰々——とハッキリいいあてることが出来るほど、夫々それぞれに特徴を持っているのです。
足の裏 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
勢ひやむを得ざるより身分に応じ夫々それぞれに物を出して施すもあり、力及ばぬやからは余儀なく党に加はるをもて、たちまち其の党多人数に至り、やがて何町貧窮人と紙に書いたるのぼりをおし立て
さてこの噉蓄の事たるや、夫々それぞれ宗旨社会に仏の制度、祖師の厳規のある有れば、元来政府より出令すべき事柄にあらざるに、遂に出令ありしは、その意旨を察するに、只僧侶に対し
洪川禅師のことども (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
多摩川上流の吉野谷等は、皆夫々それぞれ特長を持っているものではあるが、秩父渓谷美の一斑はほぼ紹介し得たと信ずるから、其他は次の機会を待つことにする。(大正一五、六『太陽』)
秩父の渓谷美 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
夫々それぞれ条件に註文があるのでありますから、勢い金になるとか、報酬を貰える書を書かなければならぬという立場上、仕方がないと思うのでありますが、そうでなく自分だけの嗜みで
言ふまでも無くそれは伊曾と劉子に関するものにちがひなかつた。そしてこれらの人々の観察はどれも夫々それぞれ一面の真相と一面の反感にる大きなゆがみとをつてゐるのに相違なかつた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
ついでに言って置きますが、それから十年後、すなわち1904年には日露戦争、それから又十年後の1914年には第一次世界大戦が夫々それぞれ起ったので、非常に記憶し易い数字であるが
回顧と展望 (新字新仮名) / 高木貞治(著)
その当時は、先年亡くなられた坪内逍遙先生が学校(早稲田大学)にをられて学校出の青年は先生の推薦によつて夫々それぞれ就職口を求めてゐた。私達もその一人である、先生よりの手紙に
札幌時代の石川啄木 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
其部分が発達して、滑稽な詠、をこな身ぶりに人を絶倒させる様な演芸が成立して居たものと思ふ。二首ながら、夫々それぞれの生き物のからだの癖を述べたり、愁訴する様を謳うたりして居る。
やがて焼香も終つた頃、奥は部屋一杯に人立がして、夫々それぞれ黙つて棺側を取り捲いて、中へいろんなものを入れたり出したりしてゐた。新しい木の匂と線香の匂とが人々の鼻につきまとつてゐた。
若芽 (新字旧仮名) / 島田清次郎(著)
先便差出し申候しよふ婦(菖蒲)は皆々あり付申候よし、夫々それぞれに物も付(着)申候よし、其荷は赤岡村元作と申候ものゝにて候。此状もちて行くものニて御座候。めしをたいてもらい候者ニて候。
余は早速家屋会社へ掛け合い夫々それぞれの運びを附けた。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
この場合可哀相な老人を殺したものは果して何人なんぴとでしょうか。自動車の運転手とM医師ともに、夫々それぞれ責任のあることは云うまでもありません。
赤い部屋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その門下又夫々それぞれ各所に念仏を宣伝し、俊乗房重源は上の醍醐に無常臨時の念仏をすすめ七カ所に不断念仏を興立し念仏の事業愈々いよいよ隆盛の勢を示したのは大原問答の後のことである。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
吃相の中の収陋規しゅうへいきというのは何か不正な仕事をしようとする際に幇匪の親分が各方面へ夫々それぞれ手附けをやって置くことで、探偵等の如きも幇匪に対しては滅多に手出しが出来ないのである。
……燃々と燃えさかる炎は、三人の心に夫々それぞれのかげをうつして、ゆらめいた。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
そして二つの世界が夫々それぞれ異った土と空と地平線とを持っているのだ。パノラマ館の外には確かに日頃見慣れた市街があった。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
婚礼の飾り物をした、広い床の間を背景に、新郎新婦、仲人なこうど夫々それぞれの親達、待女郎などが、生けるが如く飾りつけてある。
恐怖王 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
そして、都合三つの、寸分違わないメダルが揃うと、今度はその中へ、夫々それぞれ、野本氏、井上氏、松村氏の写真を、顔の所だけ切り抜いて貼りつけた。
恐ろしき錯誤 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
成程、そういえば、五人のつたない裸女の蔭に、隠れるようにして、三人の生きた女が、夫々それぞれのポーズで蹲っていた。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
博士と助手と六人の刑事とが、夫々それぞれ手分けをして、たっぷり二時間程、まるで煤掃すすはきのように、真黒になって天井裏や縁の下、庭園の隅々までも這い廻った。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
だが、彼等が門を出て行った時間は、つまり彼等が夫々それぞれどれ程の間姉崎家に留まっていたかという事は、残念ながら全く知るよしがなかった。乞食はそれを見なかったのだ。
悪霊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
無数の蛇の舌ともつれ合う異形いぎょうの叢をかき分けて、先にも云った幾十幾百の螢が飛びかい、電燈の光域に入るに従って、夫々それぞれの不可思議な姿を、幻燈の絵の様に現します。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
私の外の人達も、皆夫々それぞれの感慨に耽っている様に見えた。そして、それは恐らく私のものと同じだったかも知れない。実際、この場合、そうとより他には考え方がないのだから。
赤い部屋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
この会長格の呉服屋さんのほかの十六人の会員も、夫々それぞれ一風変った人々でした。
覆面の舞踏者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
夫々それぞれの切口の恐ろしさ。何かしら白いものを中心にした真赤な輪であった。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
夫々それぞれ一ヶ月の賃銀を計算して、山と積まれた給料袋の中へ、当日銀行から引出された、一番の支那鞄に一杯もあろうという、二十円、十円、五円などの紙幣さつを汗だくになって詰込んでいる最中に
二銭銅貨 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)