“夫君”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふくん57.1%
せのきみ14.3%
つまぎみ14.3%
ハズ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夫君”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幸いにもカスミ女史が、その夫君ふくんである考古学者カビ博士を紹介してくれたので、なんとかうまくやってもらえるかもしれない。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼は、紅子が一発のもとに射ち殺したのは、彼女の夫君ふくんである川波大尉だと知ると、咄嗟とっさのうちに気をとり直し、威厳をつけて、ノッソリ起きあがると、フラフラと紅子の方に歩みよるのだった。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
夫君せのきみに戀ふる歌一首并に短歌
伊勢物語など (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
この歌は、とつがれてのち、夫君つまぎみを待って読んだ歌だと解釈されているけれど、もうそのころ、武子さんは二十三歳、令嬢としては出来上りすぎている立派な人だった。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
その次の日は、彼女の夫君ハズが出張に出かけることまで僕のところには解っていた。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
心に空虚のあったB子夫人が、その胸に如何なる夢を描いたことやら、また其の夫君ハズが出張にでかけた翌日、偶然のように訪ねていった僕をどんなに歓待かんたいしたか。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)