恐しき通夜おそろしきつや
「一体どうしたというんだろう。大変に遅いじゃないか」 眉を顰めて、吐きだすように云ったのは、赭ら顔の、でっぷり肥った川波船二大尉だった。窓の外は真暗で、陰鬱な冷気がヒシヒシと、薄い窓硝子をとおして、忍びこんでくるのが感じられた。 「ほう、も …
作品に特徴的な語句
やつ 甘味うまい きょく かこま かたわ つぶ 可愛かわ 水珠みずだま むな おびやか 食慾アペタイト 術策すべ きわ 斜陽はすび かご 美味おいし おびや ほり はず 小暗こぐら かろ かさな おとしい かえ 北上ほくじょう におい ついや 美酒びしゅ ぬぐ にな 美味おい 手帛ハンカチ かたむ うなず つかま 心神しんしん 莞爾かんじ 敵打かたきう せい のば 衄血はなぢ から フレイム 尖端さき 先客せんきゃく 光沢こうたく 讐打あだう 夫君ハズ にぎや 賞味しょうみ 夜更よふけ 執着しゅうちゃく 軽微びじゃく 執念しゅうねん 回転まわ 死物しにもの 静寂せいじゃく みぞ がお 顔面がんめん 唯一ゆいつ そその 清浄せいじょう しか 甘味うまみ うな ざる 甘味うま はし あざや あさ 狼藉ろうぜき 魚雷ぎょらい 糸切いとき まぎ 無礼ぶれい 熊内くまうち おどろ 縮緬ちりめん 物凄ものすご 縁組えんぐみ しぼ