“糸切”の読み方と例文
読み方割合
いとき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笑うと、ちょいと開いた唇の間から、真白な糸切がニッと出てくるのが、また何とも云えない程可愛らしく見えた。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)