“糸切村”の読み方と例文
読み方割合
いときりむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持參りしが其頃澤の井さんの申には糸切村の茶屋迄持て行ば宿へは直にくと申されしゆゑ茶屋迄は度々持參りしと云にぞこそしたりとて彼十兩は惣助へし然らば惣助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)