“軽微”のいろいろな読み方と例文
旧字:輕微
読み方(ふりがな)割合
けいび66.7%
びじゃく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“軽微”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
伝は続けて曰く「けだし負傷は軽微けいびにして天稟てんぴんの美貌をほとんど損ずることなかりき。その人に面接するをいといたるは彼女が潔癖けっぺきの致すところにして、取るにも足らぬ傷痕を恥辱ちじょくのごとく考えしは盲人の思い過しとや云わん」と。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
軽微けいび腫物はれものをわずろうたに過ぎませぬ。お案じ下されますな、この通りに、ただ今では頑健でござりまする。それよりは、御後室様のお心、おからだ、離藩の家来共も、よそながらお案じ申しあげております。殿のおわした頃と違うて、日常、お伺いもかないませず、また、人間はいつの御対顔がいつの別れとも限りませぬ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それというのが、打ちみたところ、この女は立派に成熟していたが、すこし心神しんしんにやや過度の消耗しょうもうがあり、左肺尖ひだりはいせん軽微びじゃくながら心配の種になるラッセル音が聴こえるのだ。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)