“こうかい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
後悔57.6%
航海13.6%
狡獪12.4%
紅海4.0%
黄海2.8%
公開1.7%
孔悝1.1%
降灰1.1%
光海0.6%
劫灰0.6%
巧解0.6%
広海0.6%
広開0.6%
康囘0.6%
更改0.6%
江海0.6%
甲盔0.6%
香会0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満月の夜だったことをハッキリと後悔しました。せめて月が無ければ、こんなにまで荒涼たる風光戦慄することはなかったでしょう。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
長い航海から帰って来た船もある。ほら、ペンキがはげてさびついたようになっているだろう。あすこへは港をはなれて行く船がある。
信西入道はあくまでも狡獪なる態度を取って、前度の乱にはつつがなく逃れたが、後の平治の乱には彼が正面の敵と目指された。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
紅海は大陸の裂罅だとしいて思ってみても、眼前の大自然の美しさは増しても減りはしなかった。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
黄海一帯の沿岸からあの辺の海岸や島々をかけて荒らし廻る、大仕掛けな支那人の海賊団があった。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ってその全部公開することは到底不可能で、としては、ただそのから、心霊的参考になりそうな個所だけを、るべく秩序ててしてたにぎません。
本日、前太子蒯聵都に潜入。ただ今孔氏の宅に入り、伯姫・渾良夫と共に当主孔悝して己を衛侯に戴かしめた。大勢は既に動かし難い。自分(欒寧)は今から現衛侯を
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
妓たちや不死人が、旅の木賃を重ねて、ちょうど、富士の降灰が雪のように降りしきる秋の武蔵ノ原を行く頃——折ふし将門は、他へ、旅に出ていて、石井ノ柵にはいなかった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
結局王子臨海君をして咸鏡道に、順和君を江原道に遣して勤王の軍を募らしめ、王李昭、世子光海君以下王妃宮嬪数十人、李山海、柳成竜等百余人にられて、遠く蒙塵する事になった。
碧蹄館の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
称す是れ盗魁 匹として蜃気楼堂を吐くが如し 百年の艸木腥丘を余す 数里の山河劫灰に付す 敗卒庭にまる真に幻矣 精兵を潜る亦奇なる哉 誰か知らん一滴黄金水 翻つて全州に向つて毒を
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
またそれから種〻の古物をもいうことになったのである。骨董は古銅の音転などという解は、本を知らずして末に就いて巧解したもので、少し手取り早過ぎた似而非解釈という訳になる。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ともすれば、愛慾の広海に溺れ、ともすればまた、名利大山に踏み迷っている凡夫なのじゃ、聖者などとは、滅相もない過賞、幼なじみのおん身にいわれては、この愚禿こそ、穴にも入りたい
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
戸山の原は東京の近郊に珍らしい広開したである。目白の奥から巣鴨へかけての平野は、さらに広い武蔵野の趣を残したものであろう。しかしその平野は耒耜が加えられている。
人心、古のようでなく、康囘貪婪飽くなく、天位を窺うたがために、私共の后は自ら天罰を加えるために、郊に戦われたが、天は本当に徳を祐け、私共の軍隊は向うところ敵なく、康囘を
不周山 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「順位の更改にきまっている。あがるぞ」
花も刀も (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
軍学の蘊蓄は当代屈指のひとりと数えられ、戦うや果断、守るや森厳、度量は江海のごとく、その用兵の神謀は、孔明、楠の再来とまで高く評価している武辺でもある。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と見るうち、甲盔さんらんたる隻眼の大将が、馬をすすめて関羽のまえに躍りかけ
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盆石香会、いや忙しいぞ」「しゃくやくの根分けもせずばならず」「喘息の手当もせずばならず」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)