“公開”の読み方と例文
読み方割合
こうかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぼくは学校の三年生になったときから今日まで三年の間のぼくの日誌公開する。どうせぼくは字も文章下手だ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ってその全部公開することは到底不可能で、としては、ただそのから、心霊的参考になりそうな個所だけを、るべく秩序ててしてたにぎません。
家康さまのおさしずで、当日は、南蛮流幻術公開してみせるそうで」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)