悪人の娘あくにんのむすめ
「お願いで御座いますが…………」 振り返って見ると、同じ欄干にもたれた、乞食体の中年の男、鳴海司郎の顔を下から見上げて、こう丁寧に申します。 春の夜の厩橋の上、更けたという程ではありませんが、妙に人足が疎らで、風体の悪い人間に声をかけられる …
作品に特徴的な語句
はばか いえ かぶり 饒舌おしゃべり おお ただ かえ ぱた こご こまや ともしび ちげ 何処いずこ あわ わずか 名残なご 執拗しつこ 強請ゆす 思召おぼしめし あや 悪党わる まく しば あかり まば しか から おど きびす 躊躇ためら 一寸ちょっと 下谷したや なが 乞食こじき 乳母うば しま 予々かねがね おっ 何処どこ 何時いつ しか 先刻さっき 其処そこ りん もた かく 厩橋うまやばし 叱咤しった 合服あいふく 吾妻あずま 呑気のんき むせ うしな 四方あたり 在所ありか 多勢おおぜい よろ 小傍こわき もっと 崩折くずお 川面かわも 微塵みじん 情景シーン にく 折角せっかく 拐帯かいたい さら さか 昨夜ゆうべ 本所ほんじょ わざ 権堂ごんどう 横網よこあみ 欺術トリック 正面まとも 此処ここ 沢山たくさん 河岸かし 満更まんざら みなぎ ようや 煙草たばこ 犇々ひしひし