頓着とんちやく)” の例文
『えゝ、つててよ!』とちやんがびました、この最後言葉には頓着せずに。『それは植物だわ。とも人間のやうな恰好をしちやなくつてよ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
元気は、そんな頓着なしで、自分のお宿も忘れたやうにと一つてきます。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
踊子したには自分等てるるのも頓着なく只管それを佳味ずるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一體父は、余り物事に頓着せぬ、おつとりした、大まかな質でありながら、金といふ一段になると、體中の神經がピリ/\響を立てて働くかと思はれるばかり、遣口猛烈となる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
偶然にも弦月丸信號には頓着なく、ずん/″\と進航けため、策略れた海賊船は、手段らしつゝ、りに追及するのではあるまいか
剛さんは如何なすつたでせう、今夜はお帰りの日取なんだが、今頃までお帰りないのは、大方此の雨でお泊りのでせう、お一人なら雨や雪に頓着なさるぢやないけれど、お友達と御一所では
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
劉の方では、勿論そんな事には頓着しない。
酒虫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
す段不屆なり因て奉行所へ召連行により然樣心得よと申し渡しければ彼の者大いに怒り我は嘉川主税之助が悴藤五郎なり町奉行所などへ相越べきものに非ずと云て種々惡口なしけれども役人は頓着なく其儘引立連歸りて白洲引据置き大岡殿の前へ樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何方かと謂へば、父子の反目に就いて些とも頓着しなかツたといふ方が適當だ。好く謂ツたら嚴正中立態度で、て子爵の味方をするのでも無ければ、また周三に同情を寄せるでも無かツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)