“めいめい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:メイメイ
語句割合
各自34.7%
銘々18.4%
冥々13.8%
各々13.3%
各〻9.7%
命名2.0%
瞑々2.0%
銘〻1.0%
1.0%
冥冥0.5%
名々0.5%
名〻0.5%
明々0.5%
替々0.5%
溟々0.5%
0.5%
銘銘0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「家にいても話をしたんじゃ何にもならない。晩の弁当を喰べて各自部屋へ引っ込んだら、もうその日一日の縁が切れたと思ってくれ」
変人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
やがて、銘々発見されて、あとは彼一人になったらしく、子供達は一緒になって、部屋部屋を探し歩いている気勢がした。
お勢登場 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
鶴見はこれまで重荷にしていた痛苦がこの代衆生苦の御念願によって、冥々のうちにあっていつの間にか救われているのだろうと思う。
當日、脱いだ各々の衣服をたたみ、持物や鼻紙まで添へて、やがてそれを、郷里の遺族たちへ——と考へてゐたのである。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
さあさあみんな行くがいい! 膏薬を振りく時が来た! 引き出せ引き出せ薬剤車! ああそうしてモカさん達や、各〻木口を持つがいい。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、その渾名の中には、入浴時のある発見や偶然のできごとを機縁にして命名されたものも少なくはなかった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
地方人に蹂躙せられた、本来江戸児とは比較にもならない頓馬な地方人などに、江戸を奪われたという敵愾心が、江戸ッ子の考えに瞑々にあったので
江戸か東京か (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
その竿尻をちょっと何とかした銘〻の随意の趣向でちょいと軽く止めて置くのであります。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
またモイセイカは同室にもって親切で、ってり、には布団けてりして、から一ずつってるとか、しい帽子ってるとかとう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
天地皆暗ク満目冥冥タラバ眼ナキト別ツベキナク、万物静ニシテ千里蕭条タラバ耳ナキト別ツベキナシ。
呉秀三先生 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
やがて爺さんは、もうよかろう、引っ張らっしとか何とか云うと、婆さんははあーと答える、娘はあいと挨拶をして、名々に蛇の頭を持ってぐいと引く。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
商法ハ商法で名〻かへり見ずやらねバ相不成事故、小弟出崎の上ハ諸生の稽古致す所だけハしておき候まゝ、御稽古ハでき候べしと申けれバ、諸君云
ただも養うあり、も存することあり、この心惺々明々として、天理一息の間断なくして、わずかにこれよく昼を知るなり。これすなわちこれ天徳にして、すなわちこれ昼夜の道に通じて知るなり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
そうやって獣を見せるら、仮拵えの舞台へ出て、香具師達は替々いろいろの芸当を演じて見せた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そもそも、汝の宿命は、天にあっては天間星。地にあっては草華の露。人と人との間に情けをこぼすのものだ。しかし世はまだ溟々混沌時代。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
々、一冊ずつ、手にわける。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それからいろいろいまのことを話しながら、丘を下って銘銘わかれておうちへ帰って行ったのです。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)