“各:めいめい” の例文
“各:めいめい”を含む作品の著者(上位)作品数
アントン・チェーホフ1
新渡戸稲造1
“各:めいめい”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 外交・国際問題7.1%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あの決議は何時いつから実行するか、あの仕事の成績はどうであったかと、局は常にめいめい加盟国の政府に督促している。
またモイセイカは同室どうしつものにもいたって親切しんせつで、みずってり、ときには布団ふとんけてりして、まちから一せんずつもらってるとか、めいめいあたらしい帽子ぼうしってるとかとう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)