“各々方”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おのおのがた83.3%
おの/\がた16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“各々方”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「全くもって笑止千万、大岡様などは狐鼠泥こそどろ相手に威張っておればよいのだ。喬之助は、飽くまでもこっちの手で片づける! なあ、各々方おのおのがた
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
なんと各々方おのおのがた、この敵の仕打ちはまことに卑怯には相違ないが、この際平馬どのにもしものことがあっては、われわれ一同はまことに困却こんきゃくつかまつる。
平馬と鶯 (新字新仮名) / 林不忘(著)
いや最前から各々方おの/\がたのお話を聞いていると、可笑おかしくてたまらんの、拙者も長旅で表向おもてむき紫縮緬むらさきちりめん服紗包ふくさづゝみはす脊負しょ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)