“しぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
38.0%
飛沫29.2%
22.6%
頻吹2.2%
繁吹1.5%
使部0.7%
0.7%
四分0.7%
支部0.7%
時降0.7%
水吹0.7%
0.7%
渋汁0.7%
重吹0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
通して捺塗って見て下さい。その幻の消えないうちに。色が白いか何ぞのように、胡粉とはいいませんから、墨ででも、ででも。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
掠奪結婚も、折々あるし、恋愛争奪戦争に、家人奴僕を武装させ、を射つくし、に血を飛沫かす場合も稀ではない。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
んぼんでも、不意に二人でいんだら、喫驚しますがな。』と、お光は自家へ小池を伴なつて歸るのをる樣子であつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
焔に頻吹きひえびえと沁みにし歌も
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
私は、硝子窓を細く細くあけ、口をあけて繁吹きと一緒に涼氣を吸ひ込んだ。十分にといひたいが、長くはあけてゐられないのは次の間に病む人がゐる。
夏の夜 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
奴国の宮からは、面部の玦形刺青された五人の使部が、偵察兵となって不弥の国へ発せられた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
広間の中では、君長は二人の宿禰と、数人の童男と使部とを傍に従えて、前方の蒸被の方を眺めていた。数箇の燈油の皿に燃えている燈火は、一様に君長の方へ揺れていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
長絹はその性、これに触るるものに纏縛し、相手の力をらせ、らせ、焦慮させる技能がある。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
象牙の、丸味のある、外側を利用して、裂断た面の方に、幾分のくぼみを入れ、外側は、ほとんど丸味のあるままで、そして、さきの厚味は四分もあるかと思われる、厚い、大きな爪だ。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
その彼女は、無産者××同盟支部、あるデパート專屬刺繍工場つて生活へた。そのうち、三・一五事件として有名な、日本×××全國的大檢擧はれた。
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
千万のが水底できらめくように光っている、「へえこの雲じゃあ、時降りにゃあなりっこなし、案じはねえ」
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
は彼等の足もとへ絶えず水吹きを打ち上げに来た。彼等は濡れるのをれるようにそのたびにきっと飛び上った。こう言う彼等のれはこの寂しい残暑の渚と不調和に感ずるほど花やかに見えた。
海のほとり (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
午後二時の太陽が海面にきを散らす金色の燦めきに、晴れやかな沈黙の笑を投げ乍ら、真弓は砂丘を下りて行つた。
水と砂 (新字旧仮名) / 神西清(著)
それは雁皮紙縒渋汁を引いた一種の糸で、袋のように編んだ物である。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大丸を過ぎると、先が白く重吹いて見えないほどの大雷雨であった。山じゅうの笹を横なぐりにしてどっと吹き降るので、傘がパラシウトのように風を孕んで、伸子を体ごと吊り上げそうにした。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)