ドモ又の死ドモまたのし
ドモ又の死 (これはマーク・トウェインの小話から暗示を得て書いたものだ) 人物 花田┐ 沢本(諢名、生蕃)│ 戸部(諢名、ドモ又)├若き画家 瀬古(諢名、若様)│ 青島┘ とも子モデルの娘 処 画室 時 現代気候のよい時節 沢本と瀬古とがと …
作品に特徴的な語句
いち おお ばばあ ひも 喧嘩げんか 金嚢かなぶくろ ささ だれ ぬぐ ほま あた つら つく 竿ざお きたな からだ かて 胡麻ごま わき 茶碗ちゃわん 虎斑とらふ 石膏せっこう 癇癪かんしゃく 褒美ほうび 生蕃せいばん 途轍とてつ のこ ねずみ ひげ 馳走ちそう 馬鹿ばか ひたい 頸骨けいこつ 頂戴ちょうだい 醜男ぶおとこ 部屋へや 諢名あだな 遭遇そうぐう とお せま ほのお 軽蔑けいべつ 讃美さんび 謀叛むほん また 尻尾しっぽ しり やつ 大人おとな 堂脇どうわき くちびる 哄笑こうしょう 吹聴ふいちょう ども 可憐かれん 強勢ごうせい あわ 内儀かみ もう つぐな やと たま おれ 仙人せんにん 不精ぶしょう 椅子いす 焼餅やきもち 上手じょうず 済度さいど さび どろ 沽券こけん なんじ 死骸しがい 槐多かいた たま 木偶でく 智慧ちえ 旦那だんな 接吻せっぷん 憧憬どうけい くや 復讐ふくしゅう