“別業:べつげふ” の例文
“別業:べつげふ”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡太郎2
泉鏡花2
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
“別業:べつげふ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
浮氣うはきをする隱場處かくればしよにして、別業べつげふへ、さま/″\のをんな引込ひつこむのをとしたが、當春たうしゆん
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
橄欖オリワの林に隱顯せる富人の別業べつげふの邊よりははるかに高く、二塔の巓を摩する古城よりは又〓に低く、一叢ひとむらの雲は山腹に棚引きたり。
つきのみどりのがくれに、若旦那わかだんな別業べつげふかよつて
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
車は情なくして走り、一たいの緑を成せるブレンタの側を過ぎ、垂楊の列と美しき別業べつげふとを見、又遠山のまゆずみの如きを望みて、夕暮にパヅアに着きぬ。
此處こゝ往時むかし北越ほくゑつ名代なだい健兒けんじ佐々さつさ成政なりまさ別業べつげふ舊跡あとにして、いまのこれる築山つきやま小富士こふじびぬ。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
PR