“むざん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムザン
語句割合
無慙47.8%
無惨18.5%
無慚17.2%
無残9.9%
無慘2.6%
無殘2.2%
無三0.9%
無漸0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外で揉み合っていた連中は一時に小屋の中へ雪崩れこんだ。お芳も逃げるに逃げられないで無慙羞恥を大勢のうしろに隠していた。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まして露の吹き散らされて無惨に乱れていく秋草を御覧になる宮は御病気にもおなりにならぬかと思われるほどの御心配をあそばされた。
源氏物語:28 野分 (新字新仮名) / 紫式部(著)
土煙がだんだん静まって、無慚にも破壊した車体が見えてきた。車体は裏返しになり、四つの車輪が宙にがいているように見えた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこで執事ウィックスティード氏は、鉄棒の化けものの猛反撃をくった。ただ、残酷としか言いようのない、無残されようであった。
に受ると見えしが無慘や女は一聲きやつとびしまゝに切下げれば虚空んでのたに雲助又も追取上臺がを横さまにへば俯伏に倒るゝ所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
猛狒周圍し、いてるのだから、一寸でも鐵檻車たら最後ちに無殘げてしまうのだ。
無三退るほどにるほどに
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
身に付ゐたるが天神丸の巖石に打付られし機會の岩の上へ打上られ正氣も有ざりけるて心付と一の覺し如くにても船は如何せしやとかに宵月の光りにし見ば廿人の者共は如何にせしや一人もだになし無漸鯨魚餌食と成しか其か中にてもかりしは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)