“かんしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
感心74.3%
韓信7.0%
奸臣5.9%
歓心2.1%
甘心2.1%
姦臣1.6%
寒心1.6%
観真0.5%
関心0.5%
驩心0.5%
勧心0.5%
宦臣0.5%
漢晋0.5%
漢津0.5%
諫臣0.5%
貫心0.5%
間真0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矢張歴史名高御方だけのことがある。』りそう感心しながら、わるるままに岩屋奥深りました。
この素裸なクーリーの体格を眺めたとき、余はふと漢楚軍談を思い出した。昔韓信に股をらした豪傑はきっとこんな連中に違いない。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
理由は、刺殺された四人は殿さまに放蕩をすすめ、それがもとで御逼塞という大事にいたらしめた奸臣だから、というのである。殿を誤らせた奸物。
勝平は、先刻から全力を尽くして、瑠璃子の歓心を買おうとしていた。彼は、急に思い出したように
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
わしは、わしがされた通りを、彼等にして返さねばならぬのだから、それには彼等の甘心を得て、無二の親友となることが何よりも必要であった。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
漢室の衰兆いがたしと見るや、姦臣輩出、内外をみだし、主上はついに、洛陽を捨て、長安をのがれ給い、玉車にをこうむること二度、しかもわれら、草莽の微臣どもは、憂えども力及ばず
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
違警罪者街上に充ち、寒心すべきこと多かりし。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
その夜——凍りつく筆毛を走らせて、彼は、粟田口の草庵にいる養父の範綱——今ではその俗名を捨てて観真とよぶ養父へ宛てて、書くにも辛い手紙を書き、あくる朝
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つらつら感じることのあったとみえて範綱は、ふたたび世間へ帰ろうとはせず、髪を下ろして、院の裏にあたるわずかな藪地いて草庵をむすび、名も、観真とあらためていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まだ知らぬ胸の苦しみというものだ。人類の永遠性に対する関心が自認されてくるのだ。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
博雄は、芸術に対して、特別な感興を持たぬらしい。音楽を熱愛するとか、詩を作るとか、画を描くとかいう面に格別の関心をもっていない。つまりそれは散文的であるといえる。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
サルジニア王彼を拝してその首相と為し、かつ彼が意に任せて憲法を制定せんことを許し、以て彼の驩心を得んと欲す。れども彼れこれに応ぜざるなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
他は菱樽問屋の専売権をぎ、富豪の驩心を損ずるを顧みず、極めて急進突飛の手腕を揮い、一は常識円満、群小を包容する韓魏公に類し、他は理のある所、勢を顧りみず、勢の存する所
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「おう、そちは先日、挨拶に出た勧心とかいう者だな」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
時艱に耐うる天質のいとど薄い蜀帝をして、この安逸へ歓楽へと誘導するに努めていたものが、黄皓などの宦臣の一群であったことはいうまでもない。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
漢晋春秋」「亮集」「後主伝」等に記載されている所を綜合してみると、大略、次の如き構造と効用の物であることがほぼ推察される。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
初め江陵へさして落ちてきたのであるが、こんな事情でその方角へはとうてい出られなくなったので、にわかに道を変更して、沔陽から漢津へ出ようと、夜も昼も逃げつづけていた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
学の権威について云々されては微笑ってばかりもいられない。孔子は諄々として学の必要を説き始める。人君にして諫臣が無ければを失い、士にして教友が無ければを失う。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
一刀流の貫心の手、太刀を延ばすと左腕をズバリ!
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)