“寒心”の読み方と例文
読み方割合
かんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以上日本固有名地名について、その理由なく改惡されることのなるをべたが、ここに寒心すべきは、吾人日用語が、適當理由なくして漫然歐米化されつゝあるの事實である。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
違警罪者街上に充ち、寒心すべきこと多かりし。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
うてると、寒心えぬのである。