“えびす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:エビス
語句割合
32.2%
恵比寿13.8%
蛭子11.5%
恵比須8.0%
夷子4.6%
胡族4.6%
恵美須3.4%
3.4%
3.4%
胡夷3.4%
(他:10)11.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「たいへんです、えびす軍勢ぐんぜいが、せてまいりました。」と、おうさまに、おげしました。
春の日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
子供の時分の記憶をたどると、俗にいふ大黒さまとおえびすさまとが私の生れた木曾の山家などにも飾つてあつたのを覺えてゐる。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
それでいて、家につくと、彼は突然とつぜん、ここは渋谷とはちがう、恵比寿えびすだから、十銭ましてくれ、ときりだしました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
ちょっと恵比寿えびすに似たようなところもあるが、鼻が烏天狗からすてんぐくちばしのようにとがって突出している。
雑記(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「それじゃアあねごの思惑通り、こっちへさらわれて来たんだな」腕に蛭子えびすの刺青のある小頭の蛭子三郎次である。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もっとも金五郎を支持してくれた大庭春吉は、結成式をあげる段取りになったことを聞くと、蛭子えびす顔でよろこんだ。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
婿取りの相談、養子の橋渡し、船の命名進水式、金比羅こんぴら様、恵比須えびす様の御勧請ごかんじょうに到るまで
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そこで踊りの面々が、おのがじし踊り出すと、恵比須えびすめんをかぶったのが、いちいちその間を泳いであるいて、この踊りを訂正する。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
三寸の地球儀、大黒だいこくのはがきさし、夷子えびすの絵はがき、千人児童の図、八幡太郎はちまんたろう一代記の絵草紙えぞうしなど。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
意味はよく判らないがその頃はや夷子えびす大黒だいこくを対称しただけは判る。
と見たか、本国に胡族えびすの襲来があればと触れて、にわかに、西涼へさして帰った。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公孫瓚が、白い馬をたくさん持っていることは、先年、蒙古もうことの戦に、白馬一色の騎馬隊を編制して、北の胡族えびすを打破ったので、それ以来、彼の「白馬陣」といえば、天下に有名になっていた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
恵美須えびす面のM重役が、その長い柄の杓子棒をコトンコトンと音さして、立てて、流して、ふらついて来たが、誰もまた立ち上ろうとはしなかった。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
しかし一方には恵美須えびすのような新らしい神の倶通ぐつうがあり、また一方には中央に気づかれずに、遠い昔のままの海の祭をしている例が、こちらでもまだ確かに見出される。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
えびす橋……相手の男まで知ってるわ。首知ってるどころじゃない。名前をいえば、針が足の裏にささったより、まだ飛び上るわよ」
夜光虫 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
天井から「えびす」または「大黒だいこく」と呼ぶ欅作けやきづくりの大きな釣手つりてを下げ、それに自在じざいを掛けます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
縁あって、衛道玠えいどうかいに嫁いだが、韃靼だったん生虜いけどられ、えびすのために無理に妻とせられてしまった。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とりわけ、えびすが好んで吹く、という笛を聴くたびに、郷愁はますばかりで、ついには、思慕の悲しさから、みずから十八曲を作曲した。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
胡夷えびすの子、朝威を怖れず、どこへこうとするか。あらば出でよ、人間の道を説いてやろう」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
潼関どうかんの馬超軍に、またまた、新手の敵兵が、約二万も増強されたようです。しかも今度の新手もことごとく北の精猛な胡夷えびすばかりです」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後漢ごかんのむかし、曹操そうそうが、西涼軍せいりょうぐん北夷えびすの兵が自分らの行装に、おどろきの眼をみはって、指さし囁きあうのを見て、馬の上から、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「来たか、北夷えびすの子」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御子みこが、蝦夷えびすの娘と、馬糧倉の中で、昼間から、歌垣うたがきのように、くわりしておられた。——相手もあろうによ、女奴と」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蝦夷えびすどもをたいらげながら、常陸ひたち新治にいばり筑波つくばを通りすぎて、ここまで来るのに、いく夜寝たであろう」とおっしゃるのに対して、
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
また阿倍氏は、大彦命の子孫だとして著名ではあるが、その一族として知られたものの中には、俘囚えびすの家柄も少くない。
手長と足長:土蜘蛛研究 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
貞任はもと長髄彦の兄たる安日の後裔だと伝えられていて、明らかに俘囚えびすの族であったから、長髄明神の名からこの説があるのも無理はない。
手長と足長:土蜘蛛研究 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
「天子が、それがしを、ご陣中へお遣わしなされたのは、何の異変も都にあるわけでなく、夷蛮えびすの熱地を征く将士の労をおしのび遊ばされ、成都の佳酒かしゅ百駄を軍へご下賜あらせられました。——荷駄はやがて後より着きましょう。右までをお伝えいたします」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを当時の記録には、「この年外が浜のえびすシャモとなる」とも、「外が浜の狄をシャモに仕る」とも書いてあります。
本州における蝦夷の末路 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
夏侯楙と馬遵は、施す策もなく、わずか百余騎をひきいて、北門から逃げ出し、ついに羗胡えびすの国境まで落ちて行った。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは都人みやこびとの顔の好みが、唐土もろこしになずんでいる証拠しょうこではないか? すると人皇にんおう何代かののちには、碧眼へきがん胡人えびすの女の顔にも、うつつをぬかす時がないとは云われぬ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
馬超の軍勢も一時は苦境に立った。けれど、装備の悪い地方郷党軍と、完全な装備を持った胡北えびすの猛兵とは、とうてい、比較にならなかった。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)