“龐徳”の読み方と例文
読み方割合
ほうとく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の前をさまたげた馬玩は立ちどころに殺されたし、彼に従ってきた龐徳馬岱なども、韓遂の部下を手当り次第に誅殺していた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
龐徳は、手足にからむ味方を踏みつぶして、ようやくから這い出して、坑口から槍の雨を降らしている敵兵十人余りを一気に突き伏せ
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、その日のうちに、第二次襲撃を企てて、今度は身みずから先手に進み、馬岱龐徳をうしろに備えて、ふたたび魏の野陣を夜襲した。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)