“坑口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あなぐち42.9%
マブ28.6%
こうぐち14.3%
こうこう14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“坑口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さらに坑口あなぐちの一台地にいた軍勢も、投石や投木に打ちひしがれ、そこもほとんど全滅的な酸鼻さんびだった。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「得たりや」と、張郃はすぐ馬上から前かがみに、一端の鉄丸を抛りこんだ。ところが、鉄丸は趙雲の肩をそれて坑口あなぐちの土壁にぶすッと埋まった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
・煤煙、騷音、坑口マブからあがる姿を待つてゐる
其中日記:07 (七) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
坑口マブから出てきてつまぐりの咲いてゐる家
行乞記:11 大田から下関 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
しかもその時は坑口こうぐちに沈む夕日の光りではないかと思っただけに、ホントウは何の光りか解らないまま忘れてしまっていたのであったが、現在眼の前に、その刹那の印象が繰返して現われて来たのを見ると、その光りの正体が判然わかり過ぎる位アリアリとわかったのであった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
地下道は本丸の西の廓内かくないり抜けて出る計画の下に、夜も日もついで、坑口こうこうから土をあげた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)