“坑夫”の読み方と例文
読み方割合
こうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人の坑夫のことだって、あの二十人百人の仲間がけっして見殺しにはしないじゃないか。おまえさん、それはよく知っているくせに
「いや、いことはないだろう。百ばかりげたら、いい鉱脈にぶっつかるようながするが。」と、一人坑夫は、自信ありそうにいいました。
一郎はまるで坑夫のようにゆっくり大股にやってきて、みんなを見て「した」とききました。みんなははじめてがやがや声をたててその教室の中の変な子を指しました。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)