ちゃん
その長屋の人たちは、毎月の十四日と晦日の晩に、きまって重さんのいさましいくだを聞くことができた。 云うまでもないだろうが、十四日と晦日は勘定日で、職人たちが賃銀を貰う日であり、またかれらの家族たちが賃銀を貰って来るあるじを待っている日でもあ …
作品に特徴的な語句
ちゃん うなぎ はな よし から 甲斐かい さかずき 甘煮うまに 蒔絵まきえ かせ 牛耳ぎゅうじ かん 箪笥たんす はし 股引ももひき さかな ひざ ぜん 芋粥いもがゆ かま ねずみ はぜ 駕籠かご あご 頬冠ほおかむ びた 鏡架かがみかけ なべ 銅壺どうこ 湯槽ゆぶね さえぎ からだ 贔屓ひいき にぎ ちょう あお 土瓶どびん 嗚咽おえつ のど とが あお かます 卯年うどし 半醒はんせい 夕餉ゆうげ もう 位牌いはい 佃煮つくだに せがれ 仔細しさい あだ 五桐ごとう えびす 淡路あわじ 河岸かし 水瓶みずがめ 柄杓ひしゃく 暖簾のれん 晦日みそか そろ 掻巻かいまき こぶし 亀吉かめきち あわ 慈姑くわい 庖丁ほうちょう 小態こてい 寝衣ねまき 宿酔ふつかよい めかけ