“ごく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴク
語句割合
70.0%
10.5%
6.7%
6.2%
2.9%
1.9%
五区1.0%
五句0.5%
御供0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飯「みはなく釣が好きで、番がこむから、には好きな釣ぐらいはしなければならない、それをめてくれては困るな」
その姿が怠け者と見え、腑がいなく思えるのであろう、何かで激語になると「この、つぶしめ」とぼくを呶鳴りつけたりした。
になつてもをもけず、すがららず、にも自分捕縛され、がれはせぬかと其計りをんでゐるのであつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
百万の城下町に、いかにもふさわしい漬け物であって、それぞれ自分の家のかぶらずしを、自慢にしたものである。
かぶらずし (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
ての外国人に対して日本人に好感情を持たしめようとめられる博士は、相変らず食卓の談話に英独仏の三語を使ひ分けて有らゆる愛嬌振撤かれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
「それは易々とできましょう。ただし、先にご当家から呂布へ与えると約束した兵糧五万、金銀一万両、馬、緞子などの品々を、きれいにくれてやる必要がありますが」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
歩いていつか浅草公園の裏手へ出た。細いりの片側には深いがあつて、それを越した鉄柵うには、処々冬枯れして立つ大木に、五区揚弓店らしい裏手がつゞいて見える。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
もちろん、かういふ音數片歌も、三句から出來てゐるのだといふことをれて、五句になつたところからも、短歌は、出來るのであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
姫神——明神は女体にまします——夕餉の料に、思召しがあるのであろう、とまことに、平和な、安易な、しかも極めて奇特なが一致して、裸体の白い娘でない、御供を残してったのである。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)