“振撤”の読み方と例文
読み方割合
ふりま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ての外国人に対して日本人に好感情を持たしめようとめられる博士は、相変らず食卓の談話に英独仏の三語を使ひ分けて有らゆる愛嬌振撤かれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
場内を卓から卓へ軽卒しく歩き廻つて何人にも愛嬌振撤くのを見ると其れが人気者たる所以であらう。僕が人と物を言ふのは今夜が初めで多分又同時に最後であらう。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)