時代閉塞の現状じだいへいそくのげんじょう(強権、純粋自然主義の最後および明日の考察)(きょうけん、じゅんすいしぜんしゅぎのさいごおよびあすのこうさつ)
数日前本欄(東京朝日新聞の文芸欄)に出た「自己主張の思想としての自然主義」と題する魚住氏の論文は、今日における我々日本の青年の思索的生活の半面——閑却されている半面を比較的明瞭に指摘した点において、注意に値するものであった。けだし我々がいち …
作品に特徴的な語句
囲繞いぎょう さま ゆだ がえん 討究とうきゅう あたい 九皐きゅうこう 虚偽きょぎ 起因きいん 竄入ざんにゅう 解剖かいぼう 観照かんしょう 苦悶くもん 脳裡のうり 誤謬ごびゅう とな 租税そぜい 確執かくしつ 矛盾むじゅん 疎隔そかく おか 漸次ぜんじ 溝渠こうきょ 渦中かちゅう 没頭ぼっとう 野合やごう 鬱積うっせき 饑饉ききん 飛翔ひしょう 隅々すみずみ 阻害そがい 間断かんだん 閑却かんきゃく 閉塞へいそく しず くわ かも 醜悪しゅうあく 遺憾いかん 遭遇そうぐう 跳梁ちょうりょう 贅沢ぜいたく 費途ひと 検覈けんかく 奴隷どれい 回顧かいこ 喪失そうしつ とな とが 収攬しゅうらん 反駁はんばく 危惧きぐ 勃興ぼっこう 劃一かくいつ 妄想もうそう 冠詞かんし 内訌ないこう 共棲きょうせい 先蹤せんしょう もう 僻村へきそん 傾注けいちゅう 便宜べんぎ 捏造ねつぞう 欠陥けっかん 樗牛ちょぎゅう いわ 暴露ばくろ あまね 是正ぜせい 明瞭めいりょう 明晰めいせき あらた 推讃すいさん 正鵠せいこく 持余もてあま 拘禁こうきん 扞格かんかく 我邦わがくに 怨敵おんてき 思索しさく 峻拒しゅんきょ 富有ふゆう 姦通かんつう