“こうさい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
交際33.3%
後妻13.9%
虹彩13.9%
公債11.1%
巧妻5.6%
光斎2.8%
孔才2.8%
宏才2.8%
幸西2.8%
広済2.8%
狡才2.8%
蝗災2.8%
鉱滓2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしこれはきたとか、交際とかとうものとはまたで、適切ではありませんが、えば書物はノタで、談話唱歌でしょう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
母はやや安堵の胸をなでけるが、なおこの上は全快を待ちて一応顔をも見、また戦争済みたらば武男がために早く後妻を迎うるの得策なるを思いぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
白眼の表面は、灰色の斑点で、殆どい尽され、黒目もそこひの様に溷濁して、虹彩がモヤモヤとぼやけて見えた。
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
公債くなつたばかりでなく多少借金があり、家屋地所とは全部七十賣却したのであつた。
嗟乎べし、かゝる美人辺鄙れ、昏庸頑夫の妻となり、巧妻拙夫れてり、荊棘らん事たり。
「え、六条さま。——道理で」光斎は、仲間の祥雲と、何かささやき合っていたが、やがて
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「もし、もし」光斎という彫刻師がよびとめた廊下のうえで、範宴少納言はにこと笑った。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「わたくしの夫は、劉孔才の次男で、名は仲璋と申しました」と、女は答えた。「さきごろ罪があって遠方へ流されまして、それぎり戻って参りません」
その大器宏才を用いさせたにと悔やまれることであった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
中でも、安居院の法印聖覚どの。西塔の名僧といわれた鐘下房幸西法師。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伝教大師もこの道ではよほど難渋されたと見えて、広済広極という二院を山中に立てて、後の旅人をわしむるようにされたとのことだが、その時代、路らしいものはあったにはあったと思われる。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
現今のように、学生と大人とが対立し、蔑視し合うことはなかった。大人の狡才って、抜け道や横丁を巧みにくぐろうとする智恵を持たない若さだった。
そう思うと、多少不快な気がしたが、自分の同情の徹しないと云う不満の方が、それよりも大きいので、今度は話題を、今年の秋の蝗災へ持って行った。
仙人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
海面埋立のために、八幡製鉄所の鉱滓が運ばれ、急速に、街はぐんぐん海の方へ伸びて行ったのである。市中の雑然とした古い町並に比べて、浜ノ町は碁盤の目のように、井然としている。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)