“つきあい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
交際86.7%
附合9.4%
付合3.1%
突際0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには、是非ともお交際を願って、いろ/\な立ち入った御相談にも、らせてきたいと、それで実はあんな突然なお申込を……
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
一母五子、他人を交えず世間の附合は少く、ても暮れても母の話を聞くり、父は死んでも生きてるような者です。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
三「なにそんな者はありません、只温順しい一方で、本当にまだ色気の味も知らない位でげす、付合何処かへけなんてえと御免なさい、おさんに叱られると云っている位なんで」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
に一半年目、一年始暑中見舞突際になりて、文言うるさしとならば端書にてもるべし、あはれ可笑しとばのくるふて
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)