“そばだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
41.9%
29.2%
16.1%
聳立2.5%
2.1%
側立1.7%
1.7%
1.3%
峙立0.8%
0.4%
屹立0.4%
岨立0.4%
敧立0.4%
0.4%
欹立0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏教者はそれほどに光彩を放たなかったが、今までの基教的伝統・因襲に飽きたらず居たものは、喜んで仏教に耳をてたのである。
釈宗演師を語る (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
高田の下男銀平は、下枝を捜しさんとて、西へ東へ彷徨つ。風説に耳をて、道く人にもそれとはなく問試むれど手懸り無し。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
秋の末近く寒い雨の降る夜などに、細い声を立てて渡り鳥の群が空を行くのを、あれがガアラッパだと耳をてて聴く者もあった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
誰がどこで幾らで売ったか、いつ、どこへ、幾らで買いに来たか、という噂について、日夜耳を聳立てている農民に、こんな東京の話は聞かされたものではない。
西八條の御宴より歸りなる一群二群、舞の評など樂げにらず罵り合ひて、果は高笑ひして打ち興ずるを、件の侍は折々耳て、時にやかに打笑、仔細ありげなり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
他の二人も老人らしくつこらしい打扮だが、一人の褐色土耳古帽子に黒い総糸が長くれているのはちょっと人目を側立たせたし、また他の一人の鍔無しの平たい毛織帽子に
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
同じような疑問を抱きながら、しばらく、羅門も東儀も耳をてていると、やがて、そこの部屋のがあいた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
病理的な情熱の破船状態だと云います。その時は、必ず極端に倫理的なものが、まるで軍馬のように耳をてながら身を起してくる——と申されます。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
……見る見るうちに水は減り周囲の岸が高く峙立ち、湖底が徐々に露出れて来た。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
身をてゝの句、颯爽し。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
身をてゝ 雲衢に入る
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
前の日に掃除に來た時二人は屹立つた恐ろしい斷崖を見上げて氣臆がし、近くの眞砂町の崖崩れに壓し潰された老人夫婦の無慘しい死と思ひ合はせて、心はむやみに暗くなつた。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
大きな湖水とは云われなかったが、しかし周囲一里はあろうか、水清く波穏かに、岸には樹木が鬱蒼と茂り、諸所に奇岩奇石が岨立ち、また小さな入江さえあった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
新宿の方角からは、電車の響がるように伝わって来る。丁度、彼が寂しい田舎に居た頃、山の上を通る汽車の音を聞いたように、耳を敧立てて町の電車の響を聞いた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
天の成せる麗質と相俟って往来の人々の眼をて別ても若い女などは立ち止まって見たり振り返って眺めたり去り難い様子を見せるのでした。
天草四郎の妖術 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
船の面柁の方の背後に、今まで船の浮んでゐた、別な海の世界が、高くなつて欹立つてゐるのでございます。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)