“かたむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.3%
傾斜0.4%
囲位0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人の喜兵衞はそればかり心配して、親類や知己に頼んで、縁談の雨を降らせましたが、新助はそれに耳をけようともしません。
弦月丸萬山るゝが左舷傾斜いた。途端大叫喚二百船員へる甲板へ、數百乘客一時黒雲飛出したのである。
糸に作るにも座を定め囲位る事におなじ。縷綸その道具その手術その次第、その名に呼物許多種々あり、繁細の事をにせんはくだ/\しければず。
痩松帶苔攲 痩松苔を帯びてく。
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
曲終って覚えず鬢雲くことを
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)