“そび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.7%
0.4%
0.2%
0.2%
曾比0.2%
素引0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市兵衛町の表通には黄昏近い頃なのに車も通らなければ人影も見えず、夕月が路端えた老樹の梢にかかっているばかりであった。
枇杷の花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そう思うと、殺気が、サーッとわれとわがらに流れて来て、ブルブルと手足がわななくのだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
よね そるばツてん、昨夜あるから、ここで寝てしもうなんのて、おも、よつぽど、呑気かね。あ、今朝、眼ん覚めつ時、あ、お前が寝とるもんだるけん、びつくりしたツばい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
もう一ぺんうでみうと思つてちや、声ん出んだツたツ。寝台のあ立つたまま、あん人んとるばぢつと見とツたツた。そしたりや、ひよくつと布団ば被つてしもたツだもね。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
『和名鈔』の時代には曾比、それが『壒嚢抄』には少微となり、近世に入っては少鬢ともなったが、なお播磨では将人伯耆出雲では初人備前美作では初爾といって
と重々しく素引きかけると、酒井は事も無げな口吻
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)