“きけい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
畸形39.1%
詭計36.1%
奇警8.3%
畸型4.5%
奇景3.8%
几圭2.3%
奇計2.3%
貴兄1.5%
凡圭0.8%
奇形0.8%
碁経0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所謂指導者なるものが現われたが、これは特定の個人というよりは、強制された精神の畸形的なすがたであったと言った方がよい。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
周囲を取り巻いてる教会と法律との徒輩の——血走った眼をしてる狐狼の——威嚇と偽善的な詭計とを、失敗に終わらせていた。
と春子さんは殊更奇警に出て、兄さんの注意を独占しようと努めた。お母さんの方へ向かせると、この際危い。
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
頭蓋のあらわな不恰好さ、躯を動かすたびに揺れる重たげな乳房、厚く肉付いて、圧倒するような量感のある広い腰、そうして畸型かと思われる曲った短い足。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
貴重の金石を発見せず、唯黄鉄鉱の厚層連亘せし所あり、岩石は花崗岩尤も多く輝石安山岩之にげり、共に水蝕のるしき岩石なるを以て、る処に奇景を現出せり
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
ぬしの無い膳あげて行く暑さかな 几圭
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
菊江の両親のを得て初めて菊江の家を訪問したい会社員は、己の下宿の近くの雑貨店の二階を借りていた男が、女の怪異を見て発狂したと云う話をしたので、菊江は褐腐奇計を話して笑った。
女の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
以手紙申上候貴兄彌々安全醫業被成目出度じ奉つり候然れば此方八年近邊よりの出火にて家財道具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼はこの時までに俳諧では高井凡圭、儒学は五井蘭州、その他都賀庭鐘建部綾足、といふやうな学者で物語本の作者である人々についても、すこしは教へを受けたが
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
打石斧かとつて、奇形いのは踏付けたくが。其打石斧だらうが、石槌だらうが、んでもでも採集袋れねば承知出來ぬ。
大風ぎたる孤屋の立てるが如く、しげに留守せるの隆三はり碁盤に向ひて碁経きゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)