“几圭”の読み方と例文
読み方割合
きけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蕪村の俳諧を学びし者月居月渓召波几圭維駒等皆師の調を学びしかども、独りその堂にりし者を几董とす。几董は師号を継ぎ三世夜半亭をふ。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ぬしの無い膳あげて行く暑さかな 几圭
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
蕪村の俳諧を学びし者月居、月渓、召波、几圭維駒等皆師の調を学びしかども、ひとりその堂に上りし者を几董とす、几董は師号を継ぎ三世夜半亭をう。
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)