“出火”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅっか50.0%
しゆつくわ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹童蛾次郎争闘からをはっした馬糧小屋出火は、その小屋だけをきつくしてめ、うすい白煙とまッ余燼を、あなたののそこに、まだチラチラと見せている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「火事だ、出火だ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
以手紙申上候貴兄彌々安全醫業被成目出度じ奉つり候然れば此方八年近邊よりの出火にて家財道具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
調べしと申付るに三年以前に隣家より出火致し古帳は殘らず燒失致し候と云故少も手懸りれば次右衞門三五郎は三藏にひ和歌山に西家村と云處やと云へば是より一里許りに候と答へけるにぞ寺社奉行へ達し西家村の神職伊勢同人妻菊同道にて東の本陣へり出べき差紙を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)