“燒失”の読み方と例文
新字:焼失
読み方割合
せうしつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてそれが朽敗または燒失すれば、またにこれを再造した。が、れどもきぬ自然は、國民をし、木材以外材料ふるの機會ざらしめた。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
調べしと申付るに三年以前に隣家より出火致し古帳は殘らず燒失致し候と云故少も手懸りれば次右衞門三五郎は三藏にひ和歌山に西家村と云處やと云へば是より一里許りに候と答へけるにぞ寺社奉行へ達し西家村の神職伊勢同人妻菊同道にて東の本陣へり出べき差紙を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)