すす)” の例文
で、申しますには「此器はごく清浄です。夜前あなたがったのですから」と言ってバタの茶碗の縁に付いてあるのをそのままめるのです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
たる蕾の姿は霰や餅米のやうに小粒で美しい、どこか庭のすみの方に二三株、目立たぬほどに植ゑて置く心がけをめるくらゐで、ぢみな花である。
冬の庭 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
主は彼に向ひて宮の家内の様子をねけるに、知れる一遍は語りけれど、娘は猶能く知るらんを、に招きて聴くべしとて、夫婦はめけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私が滞在していた新井の主人の話にると、鎌倉では頼家を毒殺せんと企て、に怪しい薬をめた結果、頼家の顔はさながら癩病患者のようにれた。
舟には酒肴が出してあったが、一々どの舟へも、主人側のものを配ると云うような、細かい計画はしてなかったのか、世話を焼いてめるものもない。
百物語 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
一層嬉しいような恥しいような、さて又一層肚が落つかぬようで箸も早く置いたが、婢が小歌に茶をめて、御新造さまと云ったのに貞之進は耳から赤くし
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
昨日の話の模様では、万事円満に収まりそうであったのに……。細君は一椀なりと召上らなくては、お腹がいて為方があるまいと、それをめに二階へ行った。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
砂埃の立つ白いを、二人はに乗って帰って来たが、父親がめてくれた濁酒に酔って、俥の上でごくりごくりと眠っている小野田の坊主頸をした大きい頭脳
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
談話の内に茶を入れ、地袋の菓子を取出して昇にめ、またお鍋をてお勢をばせる。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
露些かも偏頗なく扱いやりしに、両女もいつか妾にきて、互いに競うて妾をわり、あるいは肩をみ脚をり、あるいは妾のむ物をば、れの欲を節して妾にむるなど
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
麦稈細工の無格好な蛇が赤い舌を出しているのを忘れずに召せとおめしておく。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
いわく、長享二年十一月二十八日、宿房の大黒を招き、晨盤をむ。
める者か、外の事は兎も角も、其の様な事をする女ではない
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
ちょうど晩であったものですからツァ・ルンバは、お酒をお上りなさいといって充分酒をめた。ところが商隊長は焦飲のような具合にしきりに飲んで居った。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
ロダンは二人に椅子をめた。そして興行師に、「少し応接所で待っていて下さい」と云った。
花子 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
村の人々は十五日の前の晩に色々のお斎糧を集めては、そのおかえりの時にめるのでございますけれど、それとても、ほんのおちになれるだけしかおげになりません。
あじゃり (新字新仮名) / 室生犀星(著)
酒には礼ありて、おのれ辞せんとならば、必ず他にめて酌せんとこそあるべきに、い哉、彼の手をねて、御随意にと会釈せるや、満枝は心憎しとよりはなかなかに可笑しと思へり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
また食事の折々は暖かき料理をこしらえては妾にめるに親切なりけるが、約二週間を経て中の島監獄へ送られしも国事犯者を以て遇せられ、その待遇長崎の厳酷なりし比に非ず。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
子息菊太郎は、ニコニコしながら茶をいれてめた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
抽斎は五百ってから、五百が少しの酒に堪えるので、勧めてこれを飲ませた。五百はこれをがって、兄栄次郎と妹壻長尾宗右衛門とにめ、また比良野貞固に飲ませた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
家主は毛糸の衿捲きを取って、夫婦に茶をめなどした。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
間もなく「おとし」を添えた酒が出たので、ず爺いさんにめて、物を言って見ると、元は相応な暮しをしただけあって、に身なりをえて座敷へ通った人のようではなかった。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
八月二十二日に抽斎は常の如く晩餐に向った。しかし五百が酒をめた時、抽斎は下物魚膾さなかった。「なぜらないのです」と問うと、「少し腹工合が悪いからよそう」といった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)