“けらい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
家来75.7%
家來6.8%
家隷5.8%
臣下3.9%
2.9%
家従1.0%
家臣1.0%
家郎1.0%
臣僕1.0%
資人1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部屋の中には、国王や女王や侍女達や二三の家来が、ぐるりと寝台を取り囲んでいました。王子はびっくりして起き上がりました。
夢の卵 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
そこで天皇大勢家來たちをおつれになりそのい/\丸木橋をおりになつたといふことが、日本書紀といふてゐます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
橋谷はついて来ていた家隷に、外へ出て何時か聞いて来いと言った。家隷は帰って、「しまいの四つだけは聞きましたが、総体の桴数はわかりません」
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「……一番部屋係り京二郎。二番部屋係り咲二郎。何んだこれは、臣下どもではないか」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
は手燭を高くあげながら監物の傍へ寄って来た。監物は刀を隻手に持ち代えてそれで指し示した。不動の木像を乗せた台が倒れて木像のみは依然として立っていた。
不動像の行方 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其筋の人に頼んでも何故か分らず、に子なければ年老恋しく信州にのみ三人も家従をやってさせたるに、くも田原が探しして七蔵という悪者よりそなたい受けんとしたるに
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
し申し婚姻相延申候よう決行致し候近日参上り入りたる御話し委細申上べく心得に候え差当り先日七蔵に渡され候金百円及び御礼の印までに金百円進上しおき候御受納下され不悉 亀屋吉兵衛様へ岩沼子爵家従田原栄作とありて末書に珠運様とやらにも此旨鶴声相伝られたく候と筆を
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
言うに事をかいて、源さまのお身に変事などとは! 源様も、そちのような家臣をもたれて、さぞおよろこびなされることでしょう。ひろい日本中に、源三郎さまに刃の立つ者が、一人でもいますか。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
召抱えられて見れば池田家の家郎。池田家の家来となって見れば、主命に依って切腹仰付けられ、となって見る日になって見ると、お受けをしない訳にも行くまいから。諦めろッ
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
「此の事にありしにる、またわが契約をわが爾に命じたる法憲を守らざりしによりて、我必ず爾より国を裂きはなして、これを爾の臣僕に与ふべし。」
崇峻紀に物部守屋の資人である捕鳥部万が官軍に抗し、自ら頸を刺して敗死したが、朝廷ではその屍体を八段に斬り、八ヶ国に散梟したと載せている。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)