“捕鳥部万”の読み方と例文
読み方割合
ととりべのよろず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
崇峻紀に物部守屋の資人である捕鳥部万が官軍に抗し、自ら頸を刺して敗死したが、朝廷ではその屍体を八段に斬り、八ヶ国に散梟したと載せている。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)