“捕鳥器”の読み方と例文
読み方割合
ほてうき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
捕鳥器の用ゐ方は先づね有る方をり、りの方を下にれ、手を中心として錘りを振り廻らすなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
(此捕鳥器の事は別に詳記すべし)或はを作るに當つて糸のりとして用ゐられし事も有るべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)