“捕鳥部”の読み方と例文
読み方割合
トトリベ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本では古く、捕鳥部が屍を分割して梟せられてゐる。平将門は、此までから既に、此型に入るものと見られて来てゐる。
餓鬼阿弥蘇生譚 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)